当院の矯正治療

噛みあわせが悪い(不正咬合)

歯並びの悪さには様々な種類があります。
そのため、状態に合わせた矯正治療を行います。

歯並びが悪いことを、歯科用語では「不正咬合」といいます。
ここでは不正咬合の種類をご紹介します。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)

いわゆる「出っ歯」と呼ばれる症状で、上の前歯が前に突き出している状態のことをいいます。
見た目のコンプレックスになりやすいうえに、咬み合わせの悪さから“虫歯や歯周病を引き起こす”“顎に負担がかかる”などの悪影響があります。

お悩みの多い不正咬合の一種ですが、成人になってからでも治療は可能です。

下顎前突(受け口・反対咬合)

下顎前突(受け口・反対咬合)

「受け口」「しゃくれ」ともよばれる症状で、下側の歯が上側の歯よりも前に出た症状の事をいいます。
見た目のコンプレックスになりやすいほか、サ行・タ行などの言葉が発音しにくくなる、顎の関節に障害が起きやすいなどの悪影響があります。

大人になっても治療は可能ですが、症状によっては外科手術が必要な場合があります。

叢生(そうせい/乱杭歯・八重歯など)

叢生(そうせい/乱杭歯・八重歯など)

歯が押し合って歯並びが凸凹になった乱杭歯や八重歯などがある症状を、「叢生(そうせい)」と呼びます。
歯全体の咬み合せがズレるため咀嚼力が落ち、胃腸に負担がかかります。

また歯と歯が重なる部分は不衛生になりやすく、虫歯や歯周病の原因にもなります。

成人になってからも治療が可能です。

正中離開(せいちゅうりかい/すきっ歯)

正中離開(せいちゅうりかい/すきっ歯)

歯と歯の間に隙間が空いている状態をいいます。
前歯に隙間があるとコンプレックスになりやすく、空気が漏れるため発音がしにくかったり、口の中が乾くことで虫歯や歯周病になりやすくなります。

成人になってからも治療が可能です。

開咬(前歯が上下に空いている)

開咬(前歯が上下に空いている)

咬み合せた状態で、前歯(またはその横の歯)が上下に開いている症状のことをいいます。
咀嚼や発音がうまくいかないほか、顎の関節にも負担がかかります。

成人になってからも治療は可能ですが、顎の骨に問題がある場合は、外科手術が必要になることもあります。

過蓋咬合(咬み合せが深すぎる)

過蓋咬合(咬み合せが深すぎる)

下の前歯が上の前歯に5mm以上隠されているような、深すぎる咬み合せの症状をいいます。
顎が自由に動けないので、顎関節に負担がかかったり、下の前歯が上の歯茎に食い込んで歯肉を傷つける場合もあります。

成人になっても治療が可能です。

交差咬合(咬み合せが横にずれている)

交差咬合(咬み合せが横にずれている)

上下の歯が横にずれ、交互に咬み合っている症状をいいます。
咬み合せが悪いので咀嚼機能が落ちるほか、不衛生になりやすく虫歯や歯周病を起こしやすくなります。

成人になっても治療が可能ですが、顎の骨のズレが原因であれば、外科手術が必要な場合もあります。

矯正装置の種類・費用

効果が期待できる「ワイヤー矯正」を行っています

矯正装置の種類

矯正装置の種類

当院では、歯に「ブラケット」という装置をつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく、ワイヤー矯正を行っております。
矯正治療においてワイヤー矯正は最も一般的で、効果が期待できる治療法です。

<目的に合わせて「マウスピース矯正」も使用> 基本の治療をワイヤー矯正で行い、仕上げにマウスピースを装着することで、より仕上がりが美しくなります。 また、ワイヤー矯正をするほどではないという患者様には、マウスピース矯正をおすすめする場合もあります。

矯正費用について

矯正治療のご相談は無料明確な料金設定で安心です

無料相談

無料相談
  • 矯正治療に関するご相談は無料です(30分)

「矯正で治るか知りたい」「費用・期間はどれくらいかかるか」など、矯正治療への疑問や不安点について丁寧にご説明いたします。

大人の矯正

大人の矯正
  • 基本料金 600,000円(税抜)

[含まれるもの:検査費・治療費・矯正装置費]
※調整期の調整費は、別途1回2,000円(月1回目安)
※仕上げにマウスピース矯正をする場合は、別途20,000円
※目立ちにくいセラミックブラケットはプラス5万円

子どもの矯正

子どもの矯正
  • 10万円~20万円

[含まれるもの:検査費・治療費・矯正装置費]
※料金は使用する装置によって異なります。
※調整期の調整費は、別途1回2,000円(月1回目安)
※仕上げにマウスピース矯正をする場合は、別途20,000円

お支払方法

  • 各種カードのご利用可
  • 各種デンタルローン
    ※患者様に合わせて相談に応じます。
抜歯と非抜歯

矯正治療における「抜歯」「非抜歯」は患者様の状態に応じてご相談いたします

抜歯

抜歯

矯正治療においては、必ず「歯を抜くかどうか」という判断が迫られます。
患者様のお口の状態によりますが、できるだけ自分の歯を抜かずに済む方法で矯正ができたらベストです。
しかし歯を抜かないことで矯正がうまく行えない場合もあります。
その際は患者様にきちんとお口の状態をご説明し、納得いただいてから治療を進めてまいります。

抜歯が必要なケース

顎の大きさに対して、歯のサイズが大きい方。
矯正して歯をきちんと並べるにあたって、歯がきちんと収まる顎のスペースがない方は、抜歯を行わないと矯正の効果がありません。

ご予約・ご相談はいつでもお待ちしております

北九州市小倉北区地域にお住いの方で矯正歯科のことでお困りでしたらご相談ください。
当院では無料カウンセリングを実施しております。

page top